海のお話、ダイビングの楽しみ方しっかりレッスンしました。

2016.05/19[木]更新

よくある質問

昼間は夏のような日差しで気持ちいいですね!!

水分補給は忘れずに!!


実際にダイビングってどんな遊び方するのかわからないですよね。

潜ってでっかい魚見るだけじゃないんです。

これからのダイビングライフを具体的にしっかりレッスンしました。

何のために講習を受けるのかもしっかりレッスン聞いてもらいました。

道筋って大事なんですよね。

ボトムキッズはカードを取るだけのダイバーじゃなくて、どんなダイバーになるのかって言うことまでしっかりレッスンいたします。

道標がないとどうしていいか?どこへ行ったらいいのか?全くわからないですよね。

ダイビングライフの道標をしっかりお話して道から外れないようにボトムキッズのスタッフはあなたを水中世界へ安全快適にお連れします。

ボトムキッズでダイビングをしっかり習って世界中の海に安全快適に、しかも100倍楽しめるようにレッスン致します。

楽しさ満点のダイビングレッスン受けに来てくださいね。

100倍楽しめるダイビングの遊び方レッスンします。

ページ先頭に戻る



器材の点検修理

2016.05/14[土]更新

よくある質問

水中で器材が故障したら大変ですよね?

そうですね、器材の不調が原因で不快だったり怖い思いをするかもしれません。

南の島にせっかく楽しみに行ったのに散々な目にあって帰ってきたなんて洒落にもならないです。

南の島のリゾートでボロボロのレンタル器材しかないなんてこともよくある話です。

ちゃんと器材の点検修理をきっちりやっていれば安心ですが。

本当に大丈夫?なんていう器材多いんですよね。

ボトムキッズのレンタル機材は大丈夫!!

しっかり点検修理は怠ってないですよ、安心してください。

水中でトラブルにならないためにもしっかり器材の点検修理やっております。

勿論、器材をお持ちのゲストの皆さんも点検修理は欠かせません。

南の島で安心して自分の器材で快適に潜れますよ。

安心安全快適のために努力は惜しみません。

大阪市でダイビングをはじめよう!!

SONY DSC

SONY DSC

ページ先頭に戻る



無料説明会いつでもお問い合わせください!!

2016.05/12[木]更新

よくある質問

すっきり晴れていい天気になりましたね!
気持ちいいい一日で、海への思いが強くなる気候ですね。

本日も無料説明会にご来店頂きました、有難うございました。

ダイビングスクールって入りにくいって聞いていたけど、全然そんなことなかったよって言って頂き嬉しい気持ちでいっぱいです。

不安な気持ちはみなさんお持ちですよね。
ボトムキッズはそんな方たちに気軽にご来店していただけるようにスタッフ教育しています。
笑顔で皆さんをお迎えして、わからないことや不安なこと、何でもしっかりお答えして一切の疑問や不安を解消する努力を致します。

料金のことやダイビングスクールのこと、施設のことや海の事、何でも聞いてくださいね。

しっかり聞いてなんの不安もわからないことも解消した後で申し込むかどうか、また考えてください。

その場で申し込まなくて全然構いません!!

スタッフの人柄や経験も参考にしてくださいね。

私たちは皆さんが快適で安全に海を楽しんでいただくお手伝いをさせていただくのが仕事です。

25周年を迎えた実績をしっかり感じ取ってくださいね。

ダイビングをしっかり学んで世界の海に大阪の教室から羽ばたいてください!!

ページ先頭に戻る



ダイビングって息を止めてはいけないって?

2016.02/4[木]更新

よくある質問

私たちが水中に入っていくと水圧が身体にかかってきます。
水深10メートルに入ると水面の2倍の圧力がかかってきます。
風船を水面で膨らませて水中に持って入ると水深10メートルでは半分の大きさに圧縮されてしまうんです。
倍の力で押させるから半分に圧縮されるということですね。

反対に水深10メートルから水面に上がっていくことは圧力が半減して膨張するということになるわけです。
水面で膨らませた風船は水深10メートルでは半分に圧縮されるけど、水面に持って上がれば半分の大きさから元の大きさに膨張するということですね。

では、この水深10メートルでダイバーが息を止めてそのまま上がっていくとどうなるでしょう?
肺の中の空気は逃げ場がなくなりどんどん膨張していくことになるんです。

つまり肺が膨張して傷害を起こしてしまうんです。

恐いですよね。
で、ダイビングをダイビングしているときは息を止めないようにって注意されるんですね。

肺の膨張を防ぐことがとても大事になるんです。

でも簡単なことですよね、息を止めなければいいことだけですからとても簡単ですよ!!

楽しくダイビング覚えて世界の海に冒険に出かけよう!! ダイビングスクールボトムキッズ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ページ先頭に戻る



水中では水圧で身体が潰される?

2016.01/29[金]更新

よくある質問

空気には重さがあります。
海抜0メートルのところで1平方センチメートルあたり1.03キログラムの重さがかかってきています。
この空気の重さを大気圧といい、海面上の大気圧を1気圧と呼んでいます。
空気中では私たちの身体に1気圧かかって来てるんですね。

水中に潜っていくと10メートル潜るごとに1気圧かかってきます。
水深10メートルでは水圧が1気圧、大気圧が1気圧、合計で2気圧の圧力が身体にかかってきていることになります。

陸上の2倍の力が私たちの身体にかかって来てることになります。
2倍ですよ!!

空間があれば2倍の力で押されてしまうので、空間は半分に圧縮されるんです。
ということで、身体の中の空間が押されて痛みという形で現れてきます。

痛みが出るのは耳、マスク、顔の骨の中にある空間サイナス、ドライスーツなどです。

他の身体の部分は空間ではないので身体が押しつぶされることはありません!

潜っていくときに講習をちゃんとしていれば、耳やマスクやサイナスや、ドライスーツの痛みは簡単に取り除く事ができます。

心配することは全くありません、まったく痛みを感じずにスムーズに潜る事ができるようになりますから!!



ダイビング初心者の為のダイビングスクール大阪ボトムキッズ

ページ先頭に戻る