ホーム

 > 

ツアー・イベント情報

 > 

水中ではどうやってコミュニケーションとったらいいのでしょうか?

水中ではどうやってコミュニケーションとったらいいのでしょうか?

2014.07/28[月]更新

よくある質問

ダイビング中は水中で活動しています。
なので、もちろん声でお喋りすることはできません。

じゃあ何かを伝えたい時、どうやって相手に伝えてるかご存知でしょうか??

方法は何パターンかあるのですが、まず実用的なのが「ハンドシグナル」です。
ハンドシグナルとは、「大丈夫」や「上がろう」「トラブル発生」など気持ちを身振りを使って相手に伝える手話のようなもので、
世界中である程度共通したものが使われます。

相手を見てシグナルを出すので、確実性があります。
緊急時でもすぐに内容が伝わるので対処もしやすいです。
ただ、ハンドシグナルの内容は人によって認識がまちまちだったり、ライセンスを取得したお店や地域によって内容が変わったりするので
陸上から打ち合わせをしておかないといけません。

ハンドシグナル以外には、音を使ったコミュニケーション方法もあります。
例えば水中で音が鳴るベルやホイッスルを鳴らすことで、相手の視線を集めることができます。
しかし水中は音が伝わる速度が速いので、音がどこから鳴ってるか分からなくなるといった事もあるので注意してください。

他にも文字を使ったコミュニケーションとして、「スレート」や「水中ノート」を使うという方法があります。
生き物の名前をその場で書き示したり、何かメモを書いたり、
自分の気持ちをダイレクトに伝える事ができるので大変便利ですが、書く時間が必要になるので、緊急時などはオススメできません。
インストラクターやガイドが水中で細かい指示を出したりする際にも使われます。

いずれのコミュニケーション方法も必ず陸上で打ち合わせをしておき、水中でスムーズに意思疎通が取れるようにしておかなければなりません。
そうすれば伝わらなかった、という事態を防ぐことができます。
水中での感動や、思いを共有しあって、バディと一緒に楽しいダイビングをしてくださいね!!!

NEW-Diving30

ページ先頭に戻る



2014/6/29 日帰り☆白崎ツアー!!

2014.07/25[金]更新

ツアー報告

10462627_731992343526276_4856130660840341500_n
参加者:7名
水温22度 気温:28度

夏の始まりにみんなで白崎海洋公園に行ってきました!!!
ここ白崎海洋公園には、夏場限定のビーチがあり、抜群の透明度と魚影の濃さで有名です!

今回はビーチとボートに別れて潜ってきました!
まずはビーチチーム!!!
FUNダイビングのめいちゃんとじゅり!

10500293_731992196859624_3273176157680240222_n

もうドライは潜り納め・・・

水中は夏が始まってますよ!!

8月に沖縄ツアーが控えてる二人は、浮力の練習を頑張ってます!!!
沖縄ツアー楽しもうね☆

これまた見納めのウミウシをたくさん見つけて、写真を撮って遊んでいました☆

10498027_731996213525889_125875682305145979_o

そして体験ダイビングのかずなちゃん!!
最初は緊張してたものの、水中に入るとこの笑顔!

10448601_731996163525894_3412052059305716956_o

透明度が高い海に大満足でした!!!

色んなお魚も見つけて楽しそうにしてくれ、こちらまで笑顔になりました☆
めいちゃんとも一緒に潜れてよかったね☆

ボートチームはてっちゃんとたかあき!
たかあきはこの日フルフットデビュー!

10463954_731991900192987_3102140402087950912_n

むちゃ調子も良さそうで、水中でもぐんぐん進んだとのこと!
これからの時期はフルフットが気持ちいい!!!

しっかり練習して使いこなしていこう☆

すっかり夏めいた気持ちのいい一日でした!

日帰りでさくっとダイビングを楽しむのもいい!
日帰りツアーは2人から出てますので、リクエストはお気軽にどうぞ☆

 

10486451_731991936859650_872910858291385172_n

ページ先頭に戻る