ホーム

 > 

ツアー・イベント情報

 > 

水中では水圧で身体が潰される?

水中では水圧で身体が潰される?

2016.01/29[金]更新

よくある質問

空気には重さがあります。
海抜0メートルのところで1平方センチメートルあたり1.03キログラムの重さがかかってきています。
この空気の重さを大気圧といい、海面上の大気圧を1気圧と呼んでいます。
空気中では私たちの身体に1気圧かかって来てるんですね。

水中に潜っていくと10メートル潜るごとに1気圧かかってきます。
水深10メートルでは水圧が1気圧、大気圧が1気圧、合計で2気圧の圧力が身体にかかってきていることになります。

陸上の2倍の力が私たちの身体にかかって来てることになります。
2倍ですよ!!

空間があれば2倍の力で押されてしまうので、空間は半分に圧縮されるんです。
ということで、身体の中の空間が押されて痛みという形で現れてきます。

痛みが出るのは耳、マスク、顔の骨の中にある空間サイナス、ドライスーツなどです。

他の身体の部分は空間ではないので身体が押しつぶされることはありません!

潜っていくときに講習をちゃんとしていれば、耳やマスクやサイナスや、ドライスーツの痛みは簡単に取り除く事ができます。

心配することは全くありません、まったく痛みを感じずにスムーズに潜る事ができるようになりますから!!



ダイビング初心者の為のダイビングスクール大阪ボトムキッズ